6人家族の新築計画!

男の子二人、女の子二人の六人家族の我が家!
とにかく、お家造りでこだわったのは収納でした。
家の中に空洞を造らない。取れる場所は全て収納スペースとして設計してもらいました。
子供達が一人また一人と学年が上がるにつれて荷物や教材が増えて行きます。
それと比例して洋服やファッションアイテムも増加!彼女が欲しい
限りなく見せない収納を目指して考えました。
我が家の収納能力ともぉ1つ重要に考えたのはスキップフロアのあるお家!
注文住宅を造るメリット。
注文住宅じゃないと出来ないお家を造りたくて、リビング階段のスキップフロアを製作してもらいました。
このスキップフロアの使用目的は、子供達の勉強スペースです。
その為、スキップフロアに隣接するキッチンからも見えるよぉに開口を造ってもらいました。
リビングからもキッチンからも様子のわかるこのスキップフロアは本当に造って良かったです!
キッチンで料理してても子供達の勉強が見れ、会話ができます。
スキップフロアの下は勿論収納スペースとしてとりました。
キッチンからも洗面所からも入れるスキップフロア下収納はお米やビールをキッチン側に、洗面所側には風呂上がりで使うタオルやパジャマ。
洗面道具を収納してます。
それでもまだスペースが余るので子供のオママゴトスペースも造りました。
ある意味秘密基地みたいで子供達は大喜びしています。
収納ですが、その他にもシューズクロークとウォークインクローゼットも造りました。
どちらも大変重宝しています!
ただ1つ失敗?かな?って思うのはシューズクロークの壁紙を差額を払ってレンガ風クロスにした事です。
最初はお洒落で綺麗で良いなぁ!って思ったのですが、実際に住んでみると…別に普通のクロスでも良かったかな?
って思います。
注文住宅で新築一戸建てはハッキリ言って自己満足のお家をどれだけ追及できるか?
だと思います。
考え考えても住んでみたら「あぁ~ここをこぉすれば」ってのは沢山出てきます。
それを納得出来るかは、どれだけ設計団塊で考えて悩んだかによると思います。