いつか素敵なマンションライフ!

いわゆる、転勤族である。平均して二、三年ごとにある配偶者の人事異動に伴い、日本各都市を五か所ほど住んだ経験がある。配属先が決まり、転居する場所を決めるときはいつもばたばたで、駅近であるとか、3LDKであるとか、最低限の希望をかなえた住居に住むだけである。

なので、住居に関してもあまりこだわりはなく、そこそこ便利で住めればいい、くらいに思っていた。

しかし、徐々に周囲の友人らが、マンションや一戸建てと様々ではあるが、マイホームを持ち始めた。新居のお披露目に招かれるたび、「いいなあ、素敵!」とは思うものの、まだまだ自分には縁のないものだと言い聞かせていたのだが、ある時、その「いいなあ、素敵!」が大爆発してしまった。

やっぱり、マイホームが欲しいと切実に思うようになった。
そして、持つとすれば便利でセキュリティ対策のある、マンションがいいな、一応マイカーはあるけれど、交通の便がいいところがいいな、等々、どんどん希望が溢れてきた。

転勤族だからと、関心のないふりをしていたけど、本当はこんなところに住みたいな、といろいろ思っていたんだということに気づかされた。

現実問題、転勤族という壁はある。でも、いつの日か叶えられるかもしれないマイホームに対する夢や希望はリアルに持つようになった。マンションのチラシを見ては、間取りや周囲の環境を見て、そこでの生活を想像する。

そして、手持ちの貯金と照らし合わせてローンの計算もしてみる。そこが近所だと、モデルルームではなく、実際の建築現場まで行ってみたりしたこともある。駅まで、コンビニまで距離はどれくらいか、日当たりや周囲の環境などはどうかな、などと自分の目で確認してみたくなるからだ。

いつ、マイホームが手に入れられる状況になってもいいように、ウォーミングアップをしておく、とったところかな。
役に立つかどうかは分からないけれど、趣味と一応実益を兼ねたマンション巡りはしばらく続けたいと思っている。

事故車を高価買取